プレゼンテーション・論文
不確実性のマネジメント in 第4回気象ビジネスフォーラム(2020.2.4)

2020年2月4日の第4回気象ビジネスフォーラムにてトークセッションに登壇しました。気象予測の不確実性をうまくコントロールし、利益の期待値を最大化する意思決定の考え方として、不確実性のマネジメントについて発表しました。

成田空港を対象として、機械学習を用いた霧の発生予測実験を行いました。主にロジスティック回帰とディープラーニングについて、結果だけでなく気象の概念に基づく解釈を記述しました。

2019年2月8日の航空気象研究会で発表しました。

AIによる成田空港の霧予測実験 in第13回航空気象研究会(2019.2.8)|加藤芳樹
誤った想定:気象学とリスクとの間のすきま in日本気象学会2015年秋季大会(2015.10.30)|加藤史葉

冨山芳幸氏との共著で、2015年気象学会秋季大会スペシャルセッション『防災気象情報~情報をつくる・伝える・使う工夫~』にて発表しました。

リスク当事者がそれぞれ何のハザードに対し脆弱性を持つか平時のうちに認知し、災害発生時は該当するアラートのみ受信し命を守る具体的アクションをガイドする“プライベート・ワーニング”の仕組みについて提言しました。

© 2019 Weather Data Science